ローソンのコーヒーマシンに入るタンブラーの高さは?マチカフェをお得に!

ローソンコーヒー持込タンブラー

今回は、ローソンでタンブラー持込でアイスコーヒーを買うときに気になるのが、どの大きさのタンブラーなら直接注げるのかどうかという点。

全部解説します!

  • LAWSONで使えるタンブラーの高さは何cmまで?
  • アイスコーヒーMは何mlのタンブラーを使うべき?
  • メガサイズも全量注げるタンブラーは?
  • 直接注げなくても、割引は適用になる?
  • セブンイレブンやファミリーマートもタンブラー割引はある?

【使用不可】筆者が実際に使ってみた水筒

ローソンのコーヒーマシンは、抽出口の高さが手動で変えられます。
銀色の部分を持って上下させることが可能なのですが、やはり高さの上限があります。

筆者は、「VASTLAND 500ml ステンレスマグボトル」を持ち込んで、コーヒーを購入しましたが、ほんの数mm大きすぎて、直接入れることができませんでした!

あと5mm小さかったら、コーヒーマシンで直接注ぐことができたレベル…。
この水筒のサイズですが、底面から注ぎ口までの高さが約20.2cm(202mm)

オススメは、19cm以下のタンブラーとなります。
高さ19.5mm程度のタンブラーが限界かと思います。

そこで、ローソンで使える、タンブラーの中でも、保温・保冷性能やデザインの良いものをまとめていきます!

今回のおすすめタンブラーの選定基準

その前に、失敗しないタンブラーの選び方を短くまとめていきますので、ぜひ読んでみて下さい。

もう失敗しない!タンブラーの選び方

タンブラーを選ぶ際には、3つのポイントが重要です。

  • 容量、サイズ
  • 保温力、断熱性
  • 密閉性

容量・サイズ

ローソンで、アイスコーヒー・ホットコーヒー・アイスカフェラテ・ホットカフェラテなどを購入する際に使える容量としては、Mサイズでも使える350ml~400mlがオススメです。

300mlでも良いですが、氷をもりもりに入れてくれる店舗で、アイスコーヒーM・アイスカフェラテMを注文すると少し不安です。
また、ガムシロップ・ミルクを大量に入れる方の場合も不安です。

サイズは、注ぎ口までの高さが19.5cm以下であればOK。

メガサイズを入れたい場合、コーヒーマシンから直接注げるタンブラーはありません。

保温・断熱性能

携帯用の水筒(タンブラー・マグボトル等)の保温性能・保冷性能は、JIS規格で測定方法が定められています。
詳しい測定方法は、消費者庁のページにまとめてありますので、ここでは割愛します。

参考:魔法瓶の品質表示について – 消費者庁

95度の熱湯を入れて6時間後、何度まで下がっているか。(保温性能)
4度の冷水を入れて6時間後、何度まで上がっているか。(保冷性能)

この数字が断熱性の数値なのですが、コーヒーの場合、タンブラーの蓋を開けっ放しにして飲む方も多いと思いますので、その場合には、あまり重要視しなくても良いかと思います。

このような使い方であれば、ステンレスの真空二重構造のものなら、大差ありません!

密閉性

かばんに入れて持ち運ぶ場合など、移動中の漏れなどが気になる場合には、パッキン付のねじ込み式キャップがついているものがオススメです。

簡易ワンタッチ式やスライド式キャップのものは溢れやすいので、ご注意ください。

ローソンで使えるタンブラーまとめ

ローソンのコーヒーマシンから、直接注げるサイズのもので、オススメのタンブラーをまとめていきます!

【全14色】おしゃれなデザインと実用性はピカイチ

同容量のTHERMOSの真空断熱マグ(JNR-401)よりも、高い保温・保冷能力でありながら、おしゃれなデザインが魅力のマグボトル「MOMO Concept ルピナス」。
今回、色々な水筒のデータを見ていて思ったのですが、このルピナスは保温・保冷性能がかなり高いです。

サーモス・タイガー・象印などの魔法瓶メーカーの製品が、一番保温性能が高いのかと思っていたのですが…。
保温力で選ぶならルピナスで間違いなしです。

注ぎ口までの高さも、ローソンのコーヒーマシンから直接注げるサイズ感。

底面にシリコンマットがついているので、滑り止めかつ、机にも優しいつくりになっています。

レビューの評価も177件で4.66とかなりの高評価!

MOMO Concept ルピナス

保温効力(6時間):73℃以上
保冷効力(6時間):6℃以下

【スラントハンドル】タイガー魔法瓶の人気作「サハラ」

先程ご紹介した、「MOMO Concept ルピナス タンブラーRG 400ml」よりも、保温・保冷能力は低いですが、安定人気のタイガー魔法瓶「サハラシリーズ」。

ストレーナー付属でアイスコーヒーもホットコーヒーも飲みやすい。実用性の高さが人気の秘訣。
ストレーナーが氷止めの役割を果たすので、アイスコーヒー・アイスカフェラテ愛飲者にはもってこいのマグボトル。

400ml/600ml/800mlの3タイプがありますが、ローソンのコーヒーマシンに直接注げるサイズは、400mlタイプのみとなります。

レビューの評価も801件で4.5とかなりの高評価!

タイガー魔法瓶 サハラ 400ml スラントハンドル

保温効力(6時間):61℃以上
保冷効力(6時間):10℃以下

【送料込み1,600円】アイリスオーヤマの高評価マグボトル

アイリスオーヤマの高評価マグボトル「SB-S350」
レビュー312件で4.37となかなかの高評価です。

保温・保冷性能も上々なのに、送料込みで1,600円という価格が人気の秘訣です。
容量350mlなので、ローソンのアイスコーヒーM・アイスカフェラテMともに、対応できます。
※氷をモリモリにいれてくるお店だと溢れる可能性あります。

先程ご紹介したタイガー魔法瓶のサハラよりも安く、断熱性能も高いのが特徴。

アイリスオーヤマ Stainless Mugbottle 350ml

保温効力(6時間):65℃以上
保冷効力(6時間):9℃以下

【抽出口の高さ調節】ローソンでのタンブラーの入れ方

ローソンのコーヒーマシンは、手動で抽出口の高さ調節が可能となっています。

ローソンコーヒーマシンの高さ調整

店舗によっては、この「上下に動かせます」というシールが完全に剥がされていたり、常時、最上部に位置している場合もあったりで、「上下に動かせることすら知らなかった!」という筆者のような方も多いのではないでしょうか。

私は、初めてタンブラー持込みした時に、店員さんに教えてもらうまで、全く知りませんでした…。笑

【タンブラー割引】コンビニ各社の割引や対応状況

ローソン以外のコンビニ各社は、タンブラー持込に対してかなり消極的な姿勢となっています。

セブンイレブンでは、オーナーの裁量でタンブラー持込が禁止の店舗もあるなど、「セブンイレブン」という括りでは判断できず店舗ごとに確認する必要があります。

その他のコンビニの対応状況もまとめましたので、参考になれば幸いです。

コンビニ タンブラー割引 詳細
ローソン 10円割引 一部メニューは対象外
セブンイレブン × 店舗によっては、
タンブラー持込禁止
ファミリーマート × タンブラー利用OK
ミニストップ × 全店舗で、
タンブラー持込禁止
デイリーヤマザキ ×  
セイコーマート ×  

よくある質問

タンブラーがマシンに入らず、直接注げなかった!割引は適用になる?

タンブラーがマシンに入らない場合、一度、いつもの紙コップに一度抽出してから、タンブラーに移すことになります。
ただ、この場合であっても、タンブラー割引は適用になります。

「アイスコーヒーM」は何mlのタンブラーを使うべき?

350ml以上がオススメです。
350mlだけでタンブラーを探すと選択肢が少ないので、 350ml or 400ml がオススメです。
300mlのタンブラーだと氷の量が多い場合にギリギリ溢れる可能性があります。
また、ガムシロップやミルクを多く入れる方は、それらも加味してください。

「アイスカフェラテM」は何mlのタンブラーを使うべき?

容量350ml以上で高さ19.5cm以下のタンブラーを使って下さい。
アイスコーヒーよりも若干量が多めなので、氷の分を加味すると300mlでは厳しいです。
氷少なめもしくは氷を捨てれば、ギリギリ300mlでも行けるかと思います。
推奨は350ml~400mlのタンブラーです。

「メガアイスコーヒー」は何mlのタンブラーを使うべき?

氷の量も加味すると、600ml以上のタンブラーが必要となります。
このサイズになると、コーヒーマシンに入るサイズのタンブラーは恐らく存在しないので、タンブラーへの直接抽出は諦めましょう。

シェアして頂けたら…とても喜びます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)